インターンシップがおすすめな3つの理由とチェックポイント

高年収・大企業の内定を獲得することが就活の成功ではありません。

なぜなら、その職種や会社があなたの仕事の目標とプライベートの理想の両方を達成できる会社とは限らないからです。

例えば、以下のような理由で仕事を辞めていく人が多いのが事実です。

  • やりたい仕事ができない
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • ストレスが大きすぎる
  • 生活との両立ができない

つまり就活を成功させるために、あなたの理想とした仕事や働き方ができる業界・職種・会社か見極める必要があるのです。

見極めるために最も良い方法がインターンシップに参加して、実際に働いてみることです。

 

✔当記事の内容

  • インターンシップをおすすめする3つの理由
  • インターンシップでのチェックポイント

この記事を読めば、インターンシップに参加すべき理由とインターンシップでのチェックポイントが具体的に分かります。

 

私の仕事は化学メーカーの生産技術職です。
その経験をもとに分かりやすく解説します。
化学メーカー生産技術職(6年勤務)
工学修士(専攻:化学工学)

 

インターンシップの情報を得るにはインターンシップガイドがおすすめです。

早い段階から将来を考えるきっかけになる(大学1年生から登録・参加可能)

②インターンが活発になる大学3年生や修士1年の時に出遅れない

多くの企業からインターンシップ先を選ぶことができる(掲載企業数が日本最大級)

大企業のインターンシップ体験談が見られる(三菱化学や三井化学、花王など多数)

無料ですべてのサービスを利用できる

インターンシップガイド日本で唯一のインターンシップ総合サイトです。

登録に迷う余地はありません。

 

インターンシップをおすすめする3つの理由

インターンシップをおすすめする理由は以下の3つです。

①理想とした仕事や働き型ができるか見極めることができる

②志望動機が超具体的になる

③業界や企業研究になる

 

①理想とした仕事や働き方ができるか見極めることができる

インターンシップに参加すると理想とした仕事や働き方ができるか見極めることができます。

なぜなら、実際に働いてみることであなたの潜在的な意思に気づくことができるからです。

例えば、こんな感じです。

「思った通りの仕事ができそうだし楽しそうだ」

「工場の現場に出てみると意外とハードだな」

「転勤や海外勤務も多いのか」

 

あなたの理想としている仕事や働き方はありますか。

意外と答えられない方が多いのではないでしょうか。

そんな方こそ、インターンシップに参加して実際に働いてみてください。

自分が面白いと感じること、やりたくないと感じることに気づくことができ、仕事や今後の人生について真剣に考える機会になります

 

②志望動機が具体的になる

インターンシップで実際に働いた経験は、その職種や会社を志望する強い動機になります

例えば、実際に働いてみて「やりたい仕事内容と一致していた」「やりがいを感じられることが分かった」「生き生きを働いている先輩が多くて、ここで働きたいと思った」などです。

やはり、仕事を経験したことがあるか、ないかでは説得力に大きな差が生まれます

会社説明会やOB・OG訪問ではわからないことがたくさんありますから。

 

③企業研究にもなる

インターンシップに行った企業の研究になるのはもちろんですが、業界研究にもなります。

なぜなら、業界には企業同士の横のつながりがあるからです。

例えば、化学業界であれば全国化学労働組内総連合という繋がりがあります。

これにより、企業同士が情報交換を行うため、働き方改革や福利厚生、給与水準などは足並みがそろいやすいものです。

作っているモノは違えど、働き方の面では同じ業界であれば近いものになると考えて良いと思います。

 

 

インターンシップでのチェックポイント

インターンシップで是非チェックしてみてほしいポイントをテーマごとにあげてみました。参考にしてみてください。

 

仕事内容

✔やりたい仕事ができるか
✔あなたの知識やスキルが生かせるか
✔やりがいを感じられそうか

 

仕事内容は仕事にやりがいを感じるために重要なテーマです。

あなたのやりたい仕事が本当にできるか確認してみてください。

例えば、生産技術職の場合、仕事の領域が広いので研究よりでプロセス開発をするのか、現場よりでプロセスや設備の改善をするのかなどです。

そして、あなたの知識やスキルを活かしやりがいを感じられる仕事内容か確認してみてください。

 

職場環境

✔先輩や上司に相談しやすい環境か(風通しのよさ)
✔生き生きと仕事をしている人が多いか

職場環境はなるべくストレスを低く保つために重要なテーマです。

ストレスの原因の多くは、自分で悩みを抱え込んでしまうことです。

そこで重要なのが、先輩や上司に相談しやすい(風通しが良い)ということです。

「自分で考えろ!」などと言われ相談しにくい職場もありますので、要チェックです。

そんな職場には、生き生きと働いている人が少ないのでチェックしてみてください。

 

働き方・ワークライフバランス

✔働き方改革の進み具合
―有休、育休の取得率
ーフレックスタイム制の有無
✔給与水準
✔福利厚生

働き方・ワークライフバランスは仕事と生活を両立するために重要なテーマです。

生活の都合に合わせて働く時間を選べる「フレックスタイム制」が導入されているか、必要な時に休暇を取ることができているか確認してみてください。

また、社宅制度や住宅補助などの福利厚生、できれば給与水準もチェックできればバッチリです。

 

インターンシップの情報を得るにはインターンシップガイドがおすすめです。

早い段階から将来を考えるきっかけになる(大学1年生から登録・参加可能)

②インターンが活発になる大学3年生や修士1年の時に出遅れない

多くの企業からインターンシップ先を選ぶことができる(掲載企業数が日本最大級)

大企業のインターンシップ体験談が見られる(三菱化学や三井化学、花王など多数)

無料ですべてのサービスを利用できる

インターンシップガイド日本で唯一のインターンシップ総合サイトです。

登録に迷う余地はありません。

 

まとめ

インターンシップをおすすめする理由とチェックポイントを解説しました。

就活は今後の人生の大きな分岐点になります。

ぜひインターンシップに参加して、あなたの理想とした仕事や働き方ができる業界・職種・会社か見極めてみてください。

本当の「就活成功」を目指しましょう。

 

化学メーカーへの就職を考えている方は、こちらの記事もどうぞ。

ご意見・ご質問お待ちしています!